「渓に遊んで」
大自然の中に身を置いたとき
私に見えたのは 木漏れ陽の中
淡々と流れる渓でした。
優しく舞う虫達と 宝石のような魚達
無邪気な子どものように遊んでくれました。
昨日も 今日も 明日も そして未来も ずっと
この大きな子どもの面倒を見てほしい。
                by こうたろう